コミュニケーション障害の2つの症状と例 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

コミュニケーション障害の2つの症状と例


アメリカ精神医学会の定める『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4)では、アスペルガー症候群と関連、比較、混同される「自閉症」の診断基準を定めています。まず、自閉症の障害の分野を、次の3つに分けています。
1.生涯の社会相互作用における質的障害
2.コミュニケーションにおける質的な障害
3.行動、興味、および活動が限定され、反復的

そのうち、2.コミュニケーションにおける質的な障害としては、
1.話し言葉の発達の遅れ、または完全な欠如、
2.会話を維持することが困難、
3.不自然もしくは反復的な言語、
4.発達水準に不相応な遊び
などが挙げられています。この、3と4についてのその具体的な例を見てみます。(『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004)

・症状3・・・「不自然もしくは反復的な言語」
(例) ●他人に言われたことを繰り返す。(エコラリア反響言語)
    ●ビデオ、本、またはコマーシャルの言葉を不適切な時や文脈を無視して繰り返す。
    ●子どもが自分で作り上げた、もしくは自分にしかわからない特別な意味をもつ単語や語句を用いる。
    ●適度に形式ばり、学者ぶった発話スタイル(「小さな教授」のような口ぶり)。
・症状4・・・発達水準に不相応な遊び
    ●おもちゃを使った物まね遊びをほとんどしない。
    ●物を他の物に例えるごっこ遊びを滅多にしない(例:バナナを電話に例えるなど)
    ●おもちゃを何かに例えるのではなく、具象的に用いることを好む(ブロックを組み立てる、人形の家具を配置するなど)
    ●子どもが幼い場合、いないいないばあ、などのような社会性のある遊びにほとんど興味がない。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退