応用行動分析(ABA) 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

応用行動分析(ABA)


広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のうち、高機能自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群と高機能自閉症)の治療法として効果があるのは、以下のものです。
・応用行動分析(ABA)、
・TEACCH(自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育)、
・デンパー治療モデル、
・社会生活技能グループ、
・教育的支援、
・言語コミュニケーション療法、
・機能的行動分析、
・薬物療法、
・感覚統合療法、
・個人心理療法

応用行動分析(ABA)は、中でも効果が証明されています。なお、治療年齢、実地方法・場所、特徴、およびその長所と短所などについて、より詳しく知りたい方は『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』(星和書店2004)をご参照ください。

●応用行動分析(ABA)
 ロサンゼルス・カリフォルニア大学(UCLA)の教授陣の一人によって、1960年代に開発された治療法です。
行動学理論をもとにします。応用行動分析(ABA)は、就学前から成人期の方を対象とします。就学前は、訓練を受けた専門家チームによって週に30?40時間、理想的には2年間、家庭で行うことが多いです。その後は、学校やその他の環境において行われます。ABAの特徴は、観察、定義が可能な行動について測定される明確な目標を定めることです。そして、それらの目標達成のためには具体的なテクニックを用います。それとともに、治療介入の効果を評価するために継続的にデータを収集します。
 このテクニックは、原則的にオペラント条件づけなどの学習に基づきます。2年間の集中治療によって、多くのお子さんは正規の学校で特別な支援なしにうまく生活することができるようなります。しかし、費用がかかることが短所です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退