DSM-4 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

DSM-4


アメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM)は、現在診断基準がおおいに揺れる発達障害である、アスペルガー症候群、自閉症、高機能自閉症、「公汎性発達障害」PDDs(pervasive developmental disorders)、「特定不能の公汎性発達障害」PDD-NOS(pervasive developmental disorder not otherwise specified)などにおける、その診断バイブルとして世界的に利用されている書籍です。現在は、その第4版が一般的に用いられています。(「DSM-4」と呼ばれる)

自閉症としてかつてはひとくくりにされてきた障害は、現在では「自閉症スペクトラム障害」として低機能から高機能のものまで、その診断や障害に幅があるものと認識されています。その診断基準は、まだはっきりとした回答が得られているわけではなく、今もなお研究が重ねられています。専門家(小児精神科医、心理学者、心理カウンセラーなど)の間でも、その定義ははっきりと認識されていないのが現状です。同じお子さんが診断を受けた場合、その機関や診断者などによっては、異なる診断名をつけられることもあります。また、お子さんの年齢があがるにつれて、診断名が変わるということも十分ありうるのです。

DMS(『精神疾患の分類と診断の手引き』)は、時代の変化に伴い版を重ね、現在はその第4版「DSM-4」が一般的に用いられていますが、精神衛生の臨床医や研究者たちによって、次々に明らかにされていく新しい事実や知識を反映するために、5年から10年ごとに改訂されています。みなさんのお子さんが、前の版と新たな版ではその診断が変わっているという理由は、その基準が、改定を重ねるたびに変わってきているからです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退