DSM-4による自閉症の診断基準 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

DSM-4による自閉症の診断基準


『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4:アメリカ精神医学会)による自閉症の診断基準はどのようなものでしょうか。[参照:『アスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店]
(注)『精神疾患の分類と診断の手引き』では、「アスペルガー症候群」や「自閉症」という言葉を用いず、「アスペルガー障害」「自閉性障害」という名称を用いています。これらの用語の間には違いはありません。

『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4)における、その発達障害の症状は、大きく3つの分野から説明されています。
1.社会相互作用における質的障害
2.コミュニケーションにおける質的な障害
3.行動、興味、および活動が限定され、反復的
(以上の各領域についてのそれぞれ具体的な症状とその例)
●社会相互作用における質的障害
1.対人的相互関係を調整する非言語性行動の使用の著明な障害
2.発達水準に相応の仲間関係をつくることができない
3.喜びや達成、または興味を他人と分かち合うことがほとんどない
4.社会的または情緒的相互作用の欠如
●コミュニケーションにおける質的な障害
1.話し言葉の発達の遅れ、または完全な欠如
2.会話を維持することが困難
3.不自然もしくは反復的な言語
4.発達水準に不相応な遊び
●行動、興味、および活動が限定され、反復的
1.興味が限定的に集中し、その程度や対象が、過剰に強烈または不自然
2.変わりがないということに頑なにこだわり、いつも同じ道筋をたどる
3.反復的で奇妙な運動
4.対象の一部に夢中になる


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退