IC0-10のさらなる基準 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

IC0-10のさらなる基準


WHO(世界保健機構)は、 ICD (「国際疾病分類」:I nternational Statistical C lassification of D iseases and Related Health Problems「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」)の中で、アスペルガー症候群の診断基準に4つの特徴をあげています。

A.言語能力や認知能力についての基準
B.社会的相互関係について
C.興味の限定について
D.障害は、公汎性発達障害の他の亜型、単純型分裂病、分裂病型障害、強迫性障害、強迫性人格障害、小児期の反応性・脱抑制性愛着障害などによるものではない。

このうちBCについて述べます。
B.社会的相互関係における質的異常があること(自閉症と同様の診断基準)。
C.度はずれて限定された興味、もしくは、限定的・反復的・常同的な行動・関心・活動性のパターン(自閉症と同様の診断基準。しかし、奇妙な運動、および遊具の一部分や本質的な要素へのこだわりをともなうことは稀である)。

(参照:World Health Organization: the ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders : Diagnostic Criteria for Research, WHO
『ICD-10 精神および行動の障害DCR 研究用診断基準』医学書院1994)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退