ICO-10 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

ICO-10


ICD-10(I nternational Statistical C lassification of D iseases and Related Health Problems「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」)とは、世界保健機関(WHO)による発達障害の分類のひとつです。長い名称のため、ICD-10(国際疾病分類)と略されてもちいます。世界中で用いられている診断基準は、アメリカ精神医学会による『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4)が有名ですが、ICDもよく使われます。

ICD-10によると、アスペルガー症候群の特徴・診断基準としては、次の4つの観点が定められています。そのうち第1の観点は以下のものです。(参照:World Health Organization: the ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders : Diagnostic Criteria for Research, WHO『ICD-10 精神および行動の障害DCR研究用診断基準』医学書院1994)

A.表出性
 受容性言語や認知能力の発達において、臨床的に明らかな全般的遅延はないこと。診断にあたっては、2歳までに単語の使用ができており、また3歳までに意思の伝達のために二語文(フレーズ)を使えていることが必要である。身辺処理や適応行動および周囲に向ける好奇心は、生後3年間は正常な知的発達に見合うレベルでなければならない。しかし、運動面での発達は多少遅延することがあり、運動の不器用さはよくある(ただし、診断に必須ではない)。突出した特殊技能が、しばしば異常な没頭にともなってみられるが、診断に必須ではない。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退