個人的治療法 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

個人的治療法


広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のなかでも高機能自閉症と呼ばれる「アスペルガー症候群(アスペルガー障害)」や「高機能自閉症」に対する治療法は、現在ますます進化しています。

その治療法の一つである「教育的支援」とは、学校という公的な場で行うものです。それに対して、あらゆる年齢層を通して個人的に、また家庭を中心としてご両親が主に行うのが「薬物療法」です。
●薬物慮法
 児童精神科医もしくは神経科医などの医師によって処方された薬物を、ご両親が家庭でお子さんに与えます。お子さんの行動に影響していると思われる、脳の化学物質の量を薬によって変更していくというものです。注意したいことは、活動量の問題、うつ症状、不安、怒りには有効かもしれませんが、自閉症の核心的症状はこれによって解決されるわけではありません。

他にも、「個人心理療法」もあります。
●個人心理療法
 青年期、成人期を対象に行います。心理療法士の診察室で行いますが、コミュニティへの「出向」を伴うことが予想されます。気分と情緒的状態の詳しい解明を行うのが特徴で、自分に対する自覚を高め、自己を受け入れられるようにします。この治療法は、洞察力の優れた方に最も適しています。ただし、グループ状況への一般化には無理があるかもしれません。できる限り指導的で、具体的であることが求められます。集団の場で行う治療法と個人的な治療法にはそれぞれ一長一短があります。そこで個人と集団の両者を組み合わせた治療法も次々と開発されつつあります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退