自立 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

自立


アスペルガー症候群や高機能自閉症、(あわせて高機能自閉症スペクトラム障害)があるお子さんも成人すると、何らかの形で社会へと出て行かなければなりません。「自活」とは、成人したお子さんが、専門家やこれといった重要な家族からの援助を受けずに、自分自身の力で生活していくことを意味しています。

アスペルガー症候群や高機能自閉症があるお子さんにとって、自分の障害の特徴を理解し、自活していくために、支援者の存在は決定的に重要です。障害があるお子さんが自立を高めるための重要な手段をご紹介します。(『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004)

●自立を高めるための手段
 ・さまざまな環境、たとえば学校、職場、スポーツクラブ、社交界などにおける「頼りになる」人々
 ・告知カードもしくはリハーサル・スクリプト
 ・視覚的に確認できるカレンダーや、自働備忘録的機能のある携帯用情報端末機
 ・書籍、サポートグループ、および自己受容について解明しておく
 ・薬物療法およびその他の方法により、感情障害を管理する。
 ・大学での教育的配慮。
 ・書類整理のための、郵便物の分類や色別のファイル。
 ・大学や職場に向けた個人移行計画。
 ・インターネットによる仕事の機会。
 ・職業指導者。
 ・就職あっせんソフトウェアや書籍。
 ・資格認定機関を通した居住形態の選択。

障害があるお子さんをお持ちのご両親方にとって、自分の死後、わが子がどのように社会で生きていけるかどうかは、何よりも大きな心配だと思います。障害がある人たちが社会で生きていくためには、ご本人の意思や努力だけでなく、周囲の理解と支援が不可欠です。ご両親だけで全てをしょいこむのではなく、社会全体で支えていくという意志と、そのための具体的な基盤を早急に整える必要があります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退