広汎性発達障害の中 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

広汎性発達障害の中


広汎性発達障害の中でも、特にアスペルガー症候群(アスペルガー障害)や高機能自閉症があるお子さんの場合、その家庭では家族の理解と支援をもとに、日常生活をうまくこなしているお子さんが多くいます。それでも、幼稚園、学校、地域社会などに一歩踏み出すと、困難にぶつかることも多いです。『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004によると、「社会生活技能を指導する上での基本原則」として、以下の原則とその例を挙げています。

原則「抽象的なことの具体化」
(例)●ルールを示す。たとえば「会話を始めるときは、5秒間、アイ・コンタクトをする。
   ●複雑な行動を段階的に分析し、それぞれの段階を教えていく。
    たとえば、「会話は、始まり・間・終わりから成り立つ」。

原則「変化を助ける」
(例)●グループ活動の概要を、スケジュール表に順番づけて書いて示す。
   ●開始の討論、グループ活動、役割練習、おやつ休憩、楽しいおしゃべり、そしてお別れ、というように、毎回会合では、予測できる一定の活動を行う。

原則「動機付け」
(例)●ひとりひとりの子どもに現実的な目標を設定する。
   ●目標を達成したらご褒美を与える。

原則「一般化」
(例)●両親とセラピスト間のコミュニケーションと協力を図る。
   ●グループのメンバーと電話で話すなど、診察室以外の場でも可能な宿題を与える。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退