社会相互作用における質的障害の症状と例 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

社会相互作用における質的障害の症状と例


DSM-4によると、自閉症の症状は、
1.社会相互作用における質的障害、
2.コミュニケーションにおける質的な障害、
3.行動、興味、および活動が限定され、反復的がある
に分類されます。

1の「社会相互作用における質的障害」とは、具体的に次の4つの症状をさします。
・対人的相互関係を調整する非言語性行動の使用の著明な障害、
・発達水準に相応の仲間関係をつくることができない、
・喜びや達成、または興味を他人と分かち合うことがほとんどない、
・社会的または情緒的相互作用の欠如

このうち、3番目と4番目の症状についてその例をあげてみます。(参考:『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004)
症状3・・・「喜びや達成、または興味を他人と分かち合うことがほとんどない」
(例)●自分の好きな活動、テレビ番組、おもちゃをひとりで楽しみ、他の人間を巻き込もうとはしない。
   ●活動、興味もしくは成し遂げたことに他人の関心を引こうとしない。
   ●褒められることにほとんど関心がないか、反応しない。
症状4・・・「社会的または情緒的相互作用の欠如」
(例)●他人に反応しない;「耳が不自由にみえる」
   ●他人に対する自覚がない;他人の存在に「気がつかない」
   ●孤独な活動を強く好む。
   ●他人のけがや、調子が悪くても気づかない;慰めようとしない。

社会的相互作用とは、他人とのやりとりを意味します。上記のような症状と例をみると、自閉症という障害のなかで、その重症度には幅があるだろうということは容易に察しがつきます。そして何より、その最も軽症度の端には「正常」に限りなく近いということが理解できます。しかし、そもそも「孤独を好む正常な人」と、「孤独を好むことが障害と判断される人」の違いとはいったい何だといえるのでしょうか。その判断基準は、実に難しいといえます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退