社会的相互作用の二つの症状 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

社会的相互作用の二つの症状


『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4)によると、自閉症の診断基準は次の3つの分野ににわけられ、それぞれにおいてその症状と例をあげています。
1.社会相互作用における質的障害
2.コミュニケーションにおける質的な障害
3.行動、興味、および活動が限定され、反復的

このうち、1の「社会的相互作用における質的な障害」の具体的な症状について考えてみます。
・症状1・・・対人的相互関係を調整する非言語性行動の使用の著明な障害
(例)●他人の目を見つめることが困難。
   ●発話の最中に身振りをほとんど用いない。
   ●顔の表情が乏しい、もしくは不自然。
   ●他人との距離の取り方がわからない。
   ●イントネーションや声の質が不自然。

・症状2・・・発達水準に相応の仲間関係をつくることができない
(例) ●友だちがほとんどいないか、まったくいない。
   ●本人よりもかなり年上か逆にかなり年下の子ども、もしくは家族のメンバーとしか関係しない。
   ●特別な関心に主に基づいた関係
   ●集団内での相互作用やゲームの協力的なルールに従うことが困難

ちなみに、『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』(星和書店2004)は、非常に丁寧にわかりやすくその症状と例を説明している本です。アスペルガー症候群と高機能自閉症について非常にわかりやすく概説し、専門家の方々から学校関係者、そして何よりも発達障害があるお子さんのご家族の方々にとって参考となる良書ですので、ぜひご一読ください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退