常同性へのこだわり 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

常同性へのこだわり


アスペルガー症候群としばしば混同され、また比較される「自閉症」(自閉症スペクトラム障害の、最も典型的なもの)があるお子さんは、毎日の日課が常に同じように行われることに異常なこだわりをみせます。
精神疾患の診断のバイブルである、『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4:アメリカ精神医学会)によると、自閉症にはこの「常同性へのこだわり」を診断基準のひとつにあげています。
・変わりがない、ということに頑なにこだわり、いつも同じ道筋をたどる。

常同性へのこだわりについて、具体的な例は以下です。
 ●正確な手順を踏んで、ある特定の活動を行うことを求める(例:特定の手順で車のドアを閉める)
 ●いつもの日課に些細な変化があっただけで混乱する(例:学校からいつもと違う道を通って帰るなど)。
 ●いかなる変化に対しても予め警告を求める。
 ●いつもの日課や儀式に従わないと、ひどく不安になり混乱する。
注意:「自閉症スペクトラム障害」は、「公汎性発達障害」とほぼ同義で用いられます。このうち最も典型的なものを「自閉症」といいますが、その症状や深刻さにはかなりの幅があります。(「スペクトラム」と呼ばれる所以です)

自閉症でも、正常な知識とかなり優れた言語使用能力をもつものを「高機能」と分類し、「高機能自閉症スペクトラム障害」と言われるもののなかには、「高機能自閉症」と「アスペルガー症候群」が含まれています。DSM-4では、これらを「自閉性障害」「アスペルガー障害」という名称で用います。
(参照:『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退