反復的運動と興味の限定 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

反復的運動と興味の限定


自閉性障害(自閉症と同義)には、「反復的で奇妙な運動」や「対象の一部に夢中になる」といった症状がみられます。自閉性障害(=自閉症)は、アメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4)によると、「公汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害と同義)」に分類されているなかで、最も典型的な症状とされています。

・「反復的で奇妙な運動」の例
 ●興奮や混乱すると手をパタパタさせる
 ●目の前で指をゆらゆらさせる
 ●奇妙な手の位置や、その他の手の動き
 ●長時間にわたり、くるくる回転したり、身体を揺らしたりする
 ●つま先立ちで歩いたり走ったりする

・「対象の一部に夢中になる」の例
 ●不自然なものの用い方をする(例:人形の目をぱちぱちと開けたり閉じたりする、おもちゃの車のドアを繰り返し開けたり閉じたりする)
 ●対象の感覚的な質に興味をもつ(例:物の匂いをかいだり、しげしげと見つめたりすることを好む)
 ●動くものを好む(例:扇風機、流水、回転する車輪)
 ●不自然な対象への執着(例:オレンジの皮、糸など)

「自閉性障害(自閉症)」に特徴的といえる以上の症状は、公汎性発達障害のなかでも特に高機能自閉症スペクトラムに入る「アスペルガー障害(アスペルガー症候群)」にもあてはまります。(『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退