コミュニケーションにおける質的な障害 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

コミュニケーションにおける質的な障害


アスペルガー症候群や高機能自閉症、自閉症スペクトラム障害など、アスペルガー症候群およびその関連の障害は、現在、その診断基準が専門家の間で揺れているのが現状です。診断のバイブルといわれる、アメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4)では、アスペルガー症候群としばしば比較・混乱される「自閉症」について、その診断基準を挙げています。

自閉症の診断基準「コミュニケーションにおける質的な障害」としては、次の4つが挙げられています。(参考『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004)
1.話し言葉の発達の遅れ、または完全な欠如
2.会話を維持することが困難
3.不自然もしくは反復的な言語
4.発達水準に不相応な遊び
まずは、この1?4の症状のうち、1と2について具体的な例とともに考えてみます。

・症状1・・・「話し言葉の発達の遅れ、または完全な欠如」
(例)●2歳までに単語を用いたコミュニケーションを一切行わない。
   ●3歳までに簡単な句を用いることがまったくない。
   ●発話がみられるようになった後も、文法は未熟で間違いが繰り返される。
・症状2・・・会話を維持することが困難
(例)●会話の開始、継続、あるいは終了の方法がわからない。
   ●話を前後させ、あれこれ話題を交えて語ることはほとんどない;会話を独り占めし延々と話し続ける。
   ●他人の発言に応じることができない。
   ●特別に関心のある話題以外の話をすることが困難。

これらの基準をみると、確かに「障害」とも思うこともありますが、性格や癖、個性との問題とも切り離せません。「正常」との境がいかにあいまいか、また正常と限りなく近いところに「発達障害」があるということも知っておくことが必要と解ります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退