デンパー治療モデルとグリーンスパン・モデル 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

デンパー治療モデルとグリーンスパン・モデル


アスペルガー症候群と高機能自閉症のための治療法は、現在幾つか開発されつつあり、中には効果が実証されつつあるものもあります。世界中で最も広く用いられている方法は、ABA(応用行動分析)と、TEACCH(自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育)です。それぞれに長所と短所があります。

ABAは、効果が期待できる反面、集中的に行うことから費用がかかるのが難点です。またご両親の時間的、精神的負担も大きいといえます。一方、TEACCHは、主に学校で行われており、その効果についてはまだあまり研究がなされていません。その他、ABAやTEACCHと比べると、はるかに人間関係の温かさ、喜び、および相互主義を補強することに重点を置くことを必要とする治療として、「デンパー治療モデルとグリーンスパン・モデル」があります。

「デンパー治療モデルとグリーンスパン・モデル」
 就学前のお子さんを対象とし、家庭と学校で行われます。遊び、積極的な社会関係、子どもを中心とした相互関係のコントロール、および他人との情緒の共有を強調します。基本的に、大人側が子どもの世界に入り、子ども自身に相互関係をコントロールさせるようにします。これらはABAほどには研究がなされていません。しかし、社会的、情緒的技能の向上には明らかに効果があります。
(参考:『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退