興味の限定と反復 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

興味の限定と反復


精神疾患は、その治療が確立していないものが多いだけでなく、診断基準そのものに変動が大きいものです。お子さんがどの専門家にかかるか、またお子さんが診断を受けた年齢によってもその診断名が変わることがあります。

「自閉症」と「アスペルガー症候群」は、その違いがわかりにくいといわれます。アメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4)では、自閉症の診断基準について、次の3つの障害を挙げています。
1.社会相互作用における質的障害、
2.コミュニケーションにおける質的な障害、
3.行動、興味、および活動が限定され、反復的。

3.の「行動、興味、活動の限定、反復」とは、具体的には次ようなの症状です。
・症状1 興味が限定的に集中し、その程度や対象が、過剰に強烈かつ/または不自然
・症状2 変わりがない、ということに頑なにこだわり、いつも同じ道筋をたどる
・症状3 反復的で奇妙な運動
・症状4 対象の一部に夢中になる
(特徴的症状の具体的な例)
・症状1 「興味が限定的に集中し、その程度や対象が、過剰に強烈かつ/または不自然」
 ●他の話題を排除してしまうほど、特定の話題に強烈に集中する。
 ●特定の話題または活動を「手放す」ことが困難。
 ●他の活動に支障が及ぶ(活動に集中するあまり、食事やトイレが遅れる)
 ●年齢に不自然な話題に興味をもつ(スプリンクラーのシステム、映画の評判、天体物理学、ラジオ局のコ  ールサイン、など)
 ●特定の関心事の詳細について、抜群の記憶力をもつ。
(参考文献『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退