TEACCH 〜 アスペルガー症候群特徴

main_top_over_navi
main_top

TEACCH


TEACCHとは、「自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育」のことです。TEACCHは、応用行動分析(ABA)と同様に世界で最も広く行われている治療法の一つです。(参考:『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004)

TEACCHは、就学前から成人期にかけてを対象に行なわれます。学校を主とし、家庭でそれを補う形で、学校の先生とご両親によって行われます。そのテクニックは、比較的容易に職場環境にも一般化されます。
TEACCH(自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育)の特徴は、環境を視覚的に構造・組織化しながら、視覚的能力、機械的能力、丸暗記力についての長所を活用したうえで、言語、模倣、社会的および認知的技能を教育することです。

TEACCHは、1対1で行うこともあればグループで行うこともあります。TEACCH(自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育)は、公立学校で実施される場合が多いです。応用行動分析(ABA)は、確かに効果があると言われます。しかし、集中的に行われることから費用の面でも、またご両親の精神的面でも多くの負担が強いられます。また、訓練を受けた専門家チームが存在しないことには、その実行も不可能です。したがって、ご自宅の近くで応用行動分析(ABA)を行っている機関やチームがみつからない場合、学校でのTEACCHプログラムを利用してみるのが望ましいでしょう。その効果についてはまだ明らかにされていない点も多いですが、行動、学習が改善し、ご両親のストレスの軽減に寄与するとともに、治療に対する自信を強めることができるといわれます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 アスペルガー症候群特徴 All Rights Reserved.

アーティストの出場辞退